看板効果 トップページ > 看板・広告 > 看板効果
看板の効果について

口コミに差をつける「ビジュアルで差別化」

その昔、「腕さえ確かなら口コミで患者は来る」という神話がありましたが、それは過去の話です。

歯科医院の数は増え続け、遂には「歯科医ワーキングプア」という言葉が生まれる程競争が激化しています。
「味が良い」というだけで繁盛してる喫茶店は、今どれ程あるでしょうか?

医療機関とは言え、歯科医院は今やサービス業に近づいてます。時には視点を変えて異業種の総合努力にも
目を向けて、学び取れる部分を吸収することも医院経営の参考になるかも知れません。口コミの効果を期待する
には外から見ても「人に話したくなる期待感」の伴う好印象な「店構え」で近隣の「話題」になることも大切です。

見劣りする医院では先端治療が期待出来ず話題にもなりません。

 

印象向上「見た目も大切」

単純に文字を並べた看板では無く、医院が得意とする診療サービスの対象者(患者層)を意識したデザインや
医院イメージの色彩やオリジナリティのあるロゴマークを用いて、他院と明確に差別化した看板を掲載することで
ブランド力を引き出し、先生のご意向に沿った看板で素敵な医院作りに貢献します。

 

知名度アップ「より社会に貢献」

「目を引く看板は、ものほしそうに見えないか心配」とお考えになられるかもしれません。

しかし、先生方にご理解頂きたいことは、開業医の使命が地域医療への貢献だととするならば、目を引く看板で
「医院ここにあり」と解りやすい看板で近隣に呼びかけ少しでも多くの患者様に治療のキッカケを提供することは、
それに叶う立派な行いかと思います。

看板による知名度アップの努力は地域医療への貢献にも繋がり公共的利益にも叶います。

 

診療圏の拡大「不利な立地をフォロー」

人通りの少ない立地でも野立て広告を活用すれば、地域にアピールすることは出来ます。ホームページの案内
ページと併用すれば、最寄駅から電柱広告で医院まで誘導することも可能です。ですが、どちらも余計な経費が
掛かりますので、あまりお勧めではありません。(効果の変動や値上がりなどの不安要素もあります)

これからの開業計画ですから、それらの継続的な出費を考慮しますと、多少割高でも初めから有利な立地条件
で開業地を探し(右の優良物件情報をご利用ください)担当講師同行で家賃を「値引交渉」された方が経費的に
効率がよいと思います。

 

診節税対策に「せっかくなら…」

納税は国民の義務ではありますが、大切なキャッシュは最大限に有効活用して頂ければと思います。

課税対象となる利益は収入から支出を引いたものですので、差額が多いほど税金が上がることになります。
収入を減らす訳にはいきませんので支出の部分で広告費として看板を計上することで、売上全部を税金として
納めるのではなく一部を広告費として運用、知名度アップに活用することが出来ます。

イエス!フロンティア
お問い合わせ
歯科開業講座
総合窓口電話
お問い合わせ
ふるもと会計事務所
ピンスポットなご相談は、各企業にお気軽にお問い合わせください。
ふるもと会計事務所 新田歯科器材 イエス!フロンティア
メールでのお問い合わせはこちらから
お問い合わせ
↑上へ戻る↑
運営会社
協賛企業
お役立ち情報
書籍紹介